全くの素人が予想しているのではないかと疑惑を持たれ、明確に嘘が解明されました。

閉鎖に至った経緯

 

Winning!競馬は突然、何の案内もなく閉鎖されました。

 

公式情報もなく、正確な閉鎖された理由は不明ですが、悪評が広まりすぎて運営を継続することが困難になったことが考えられます。

 

決め手はエージェントの偽造が解明されたこと

 

エージェントの偽造

 

Wining!競馬の最大の売りは2名の競馬エージェントによる裏情報を活かした予想です。
もし、本物で実績があるエージェントが絡んでいるのであれば、高額な情報料を払う価値があるのですが、公式情報で紹介していたエージェントが実はフリー素材の画像を使用した全く競馬とは関係のない人物だという事が判明しました。

 

競馬関係者が予想していることを売りにしていて、実は全くの素人が予想しているのではないかと疑惑を持たれる競馬情報サイトは多数ありますが、ここまで明確に嘘が解明されたサイトは珍しいです。
ネット検索でWining!競馬のことを調べると、様々な解説サイトがこの嘘を大々的に紹介している状況になってしまいました。

 

予想の根拠そのものに嘘があることが拡散してしまうと、当然誰も利用しなくなってしまいます。

 

的中率が低すぎる

 

有料情報は1コース8鞍が中心でした。
低額プランでも8鞍も紹介している所は少なく、ライバルサイトと比べた魅力になっていたのですが、とにかく的中率が低すぎるのが問題でした。
8鞍全てが不的中になることが頻繁にあり、購入者からしてみれば1回利用した時点でもういいとなってしまうものです。

 

損失が膨らむに連れて、どんどん高額なプランに課金してしまう被害者もいましたが、普通の人なら的中率の低さに気づいて、すぐにここは偽物だと見破ってしまうものです。

 

名称変更した時点で、すでに悪評が広まっていた

 

Wining!競馬は、もともとWin-Win競馬というサイト名称から、ある日突然名称変更を行った経緯があります。
しかし、代表者、運営会社、会社所在地情報は前進のWin-Win競馬と全く同じです。

 

Win-Win競馬の悪評がすでにネットで広まっていた中、簡単なサイトリニューアルという形でWining!競馬としてリリースしても、利用者は馬鹿ではありません。
簡単に調べれば、Win-Win競馬の噂を知って同じ会社のサービスだと気付けば誰も利用しないのは当たり前のことです。

 

ほかの悪質業者は、URLやドメインを変更して新規立ち上げと閉鎖を繰り返しているところがありますが、サイト立ち上げ費用をケチったのか、悪名高きWin-Win競馬から簡単なリニューアルをした事で、悪評も引き継がれることになって、わずか1年ほどのスピード閉鎖になりました。